職人の「技」と「心意気」
ニッポンを体感するものづくり体験サイト

REALJAPANtrip

すずがみ+コースター着色体験

型番 T012TM0002SET95
販売価格
11,340円(税込)
購入数

富山【シマタニ昇龍工房】
富山県高岡市千石町4-2
最寄駅:JR高岡駅から車で8分

富山【モメンタムファクトリー・Orii】
富山県高岡市千石町4-2
最寄駅:JR高岡駅から車で15分

実施日:ご希望日をお問い合わせください
   所要時間:約5時間(途中1時間程度休憩を挟みます)  
11:00〜すずがみづくり(約2時間)
14:00〜コースター着色体験(約2時間)の一日体験コースです。
※制作物:すずがみ 2枚(13cm×13cm)、コースタ 2枚 計4つ

高岡銅器の2つの工房
シマタニ昇龍工房の「すずがみ」づくりとモメンタムファクトリー・Oriiの「コースター着色」体験の両方を体験して頂くコースです。

【すずがみづくり体験】
すずがみづくり体験では、お好きな模様の金槌を使用して「すずがみ」を作ります。
一見簡単そうにも見えますが、思った所に金槌を振り下ろすことができず、きれいな模様をつけるのはとても難しい作業です。
きっと1枚では、もう少しやりたい!というもやもやが残ると思いますので、
今回の体験はすずがみ2枚を制作するプランにさせて頂きました。
もちろん完成したものは、商品と同じように、あらゆる使い方をして頂けます。

【コースター着色体験】
着色の体験では、伝統的な技法をつかってコースターを2枚制作します。
日本酒や梅干し、大根おろしに米糠などなど、、金属の伝統的な着色技法には様々な食品や薬品を使用しますが、今回の体験ではこれらの伝統的な着色技法から2種類を体験して頂きます。
まず最初に「糠焼き」という糠を焼き付ける技法で下地づくりを行います。
その上から、赤や茶、黒色などにする場合は「おはぐろ」と呼ばれる技法を、
青色にする場合は「青銅色」という技法で着色を行います。
「糠焼き」
 その名の通り、糠みそを表面に塗り焼き付ける技法です。
糠を着けた部分に模様がつくので、下地の肌づくりとしてこちらの技法を用います。
「おはぐろ」
日本酒や食酢に鉄くずを加えた液を、熱した金属に焼き付けます。
焼き付ける回数や濃度によって、赤色から茶、黒色へと色の調整をすることが出来ます。
「青銅色」
アンモニアや硫酸銅の溶液を使用して、青緑色に発色させる技法です。
配合や温度でも色味が変わり、糠焼きの表情が効果的な美しい色が表現出来ます。
コースターは2枚作りますので、どちらか片方でも、両方の技法でもお好きなモノをお選び頂けます。


備考
◆服装について: 動きやすい服装でお越し下さい。
◆移動について: 体験価格には交通費は含まれまれておりません。
移動手段のご手配は承っておりませんので、必ずご確認ください。
また、こちらの体験は現地集合・現地解散となりますのであらかじめご了承ください。

※お申し込みは体験希望日の2週間前までとさせて頂きます。
※お申し込み状況によりご予約日が第2希望日になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
ご希望日が2週間前を切ってしまう場合はリアルジャパントリップお客様センターへ
お問い合わせの上お申し込みください。

Your recent history

工房体験までの流れ Guide

1 お好きな体験コースを選択
「リアルジャパントリップ」からお好きな体験を選びます。
2 カートに入れてご注文
お好きな体験を選び、カートに入れます、ここで、予約希望日を第3希望まで入力します。
*ご注文は24時間OK!
3 受付確認メール
リアルジャパントリップより、自動配信メールが届きます。
*この時点では予約日時は確定していません。
4 予約確定メール
リアルジャパントリップより、2営業日以内に予約確定メールをお届けします。
5 チケットのお届け
予約番号、体験日時が記載されたチケットをお届けします。
予約チケットとなりますので体験当日に必ずお持ちください。
6 体験!
体験当日、チケットをご呈示下さい。
体験をお楽しみください。
TOP