職人の「技」と「心意気」
ニッポンを体感するものづくり体験サイト

REALJAPANtrip

工房紹介

RINPLA

東京 手描友禅工房 協美

  • 駅近

筆や刷毛を用いて絵を描くようにして染める手描友禅。職人の巧みな技術が生かされ描かれる繊細な花鳥風月の美しさは、時代を超えて多くの者を魅了します。
新宿・下落合にある工房「東京手描友禅 協美」は、江戸時代から受け継いだ東京友禅(東京手描友禅・江戸友禅)による着物や帯を日々制作し、伝統的な和文化を広めています。東京手描友禅は美しさの中に大人の粋がちりばめられた伝統工芸品です。一筆一筆、繊細な色を乗せていくその精緻を体験してみませんか?

  • 手描友禅工房1

    手描友禅工房2

    手描友禅工房

    手描友禅工房4

    手描友禅工房5

    手描友禅工房6

  • 江戸の町民文化が育てた東京友禅

    江戸時代、武家経済の中心として文化、経済ともに栄えた江戸には大名のお抱え多くの染師等が移り住みました。東京友禅(東京手描友禅・江戸友禅とも言います)の発生もこの頃で、上方からくだってきた染色の技術は江戸文化の中で醸成していき、東京の神田川・妙正寺川流域は京都・金沢に並ぶ三大産地として知られるようになりました。

    今回ご紹介する工房さんは、そんな江戸の染色文化が色濃く残る妙正寺川近くにある「東京手描友禅 協美」。伝統的な手描友禅の技法を用い、江戸時代から受け継がれている東京手描友禅を多くの人に伝えています。そんな工房には、受け継がれてきた美しさと感覚に魅了された多くの人が体験に訪れています。

    江戸っ子気質を満たす、粋と洒落の感覚

    粋で洒落た感覚の江戸の人々。落ち着きがありながら遊び心のあるものを好んだことから、豪華絢爛、艶やかな京風の感覚とは異なった、より都会的でモダンなそんな絵柄や色調が発達しました。技法的にも京友禅(京手描友禅)や加賀友禅と差はありませんが、東京友禅(東京手描友禅・江戸友禅)」はそんな江戸時代から受け継いだ江戸っ子気質の大人な遊び感覚が、色調や図案などに落とし込むまれています。

    trip限定!本格的な手描友禅染め体験!!

    今回は trip 限定として地色が美しい桜色に染まった半襟での体験をご用意しました!
    絵柄は縁起の良い「福良(ふくら)スズメ」です。鳥、花、紐部分などバラエティに富んだ形が組み込まれているので、色付けの時間も楽しくなります。

    顔色が明るく優しく見える地色なので、出来上がった後はもちろん着物を着るときに合わせても素敵です。105cm×19cmの半襟は、愛らしいモチーフを活かし世界に一つの作品として額に入れて絵のように飾ったり、洋服やバックに合わせてスカーフとしても使えます。

    体験でわかる、思い通りに色がのらないもどかしさ

    全体のバランスを考えながら一筆ごとに色をつける緻密な作業。体験で一番難しいのがそんな自分の想像した色を実際に思い通りにのせることです。素敵な色を出すための悩みは、色を知り尽くした先生がサポートしてくれます。この色とこの色を足すと…という方程式があるそうで、色見本帳を見ながらアドバイスをくださいます。自由な色を構成しながら、アクセントと出来上がりを想像して進める作業は、思わず時間を忘れて没頭してしまいます。

    誰かにプレゼントしたくなるのは、繊細で美しい手描友禅ならでは

    水彩画のような柔らかな仕上がりが美しい手書友禅。工房が主催する継続のコースでは、なんと訪問着や帯を作られる方も!ご自身の卒業式で使われるものを製作される若い方や、お孫さんの七五三のため、お子さん成人式用などの製作に通われる生徒さんもいるそうです。お友達の誕生花を製作し、額に入れて贈り物にされたという生徒さんもいらっしゃいました。使うシーンやプレゼントする人を想い浮かべ出来上がりを想像すると、色のテーマも決まりそうですね。

職人紹介 About craftsman

大澤 学/Manabu Osawa東京手描友禅工房 協美/伝統工芸士

東京にて生まれ、伝統工芸士 倉谷憲明氏、水墨画家 井原優山氏に師事。その後東京手描友禅工房協美 に入門し、実父である伝統工芸士 大澤敏に師事。
新宿区技の名匠マイスターに選ばれており、現在は文化服装学院講師、新宿染色協議会常任幹事、東京都染色工芸組合正会員、東京手描友禅 伝統工芸士としてその技術を広く伝えている。

大澤 学

アクセス Access

東京手描友禅工房 協美

住所
〒161-0033 東京都新宿区下落合4-6-17
アクセス
【電車でお越しの場合】
西武新宿線「下落合」駅下車徒歩5分。
周辺情報
御最寄駅から工房までは江戸時代に染色技術を発達させた妙正寺川を渡ります。かつて神田川・妙正寺川流域では染色関連業が栄え、京都・金沢に並ぶ三大産地として知られていました。「落合・中井」界隈には、今でもその技術を受け継いだ染色の工房・ギャラリーが多数あるので、体験後に流域沿いを散歩するのもおすすめです。

Print


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順

体験コースについて About programs


手描友禅染め体験

10,000円(税込)


Your recent history

工房体験までの流れ Guide

1 お好きな体験コースを選択
「リアルジャパントリップ」からお好きな体験を選びます。
2 カートに入れてご注文
お好きな体験を選び、カートに入れます、ここで、予約希望日を第3希望まで入力します。
*ご注文は24時間OK!
3 受付確認メール
リアルジャパントリップより、自動配信メールが届きます。
*この時点では予約日時は確定していません。
4 予約確定メール
リアルジャパントリップより、2営業日以内に予約確定メールをお届けします。
5 チケットのお届け
予約番号、体験日時が記載されたチケットをお届けします。
予約チケットとなりますので体験当日に必ずお持ちください。
6 体験!
体験当日、チケットをご呈示下さい。
体験をお楽しみください。
TOP